包茎手術にかかる時間はどれくらいか

これから包茎手術を受けようと思ってる人にとって、包茎手術は一体どれくらいの時間がかかるのかというのは興味のあるところでしょう。口コミで調べてみると、包茎手術そのものの時間は、だいたい1〜2時間程度で終了してしまうことが多いようです。口コミでは、包茎手術は思っていたよりも早く終了してしまい、なんだか拍子抜けしたというような声が多いです。

男性の大事なところを手術するということで、術前はとても大変な手術なんだとイメージしている方が多いようですが、実際に包茎手術を受けた人達の口コミでは、意外と楽だったという声が多数ですから、手術を過度に恐れる必要はないでしょう。手術の際は麻酔も使われるため、痛みはまったく感じません。

包茎手術は入院をする必要もなく、日帰りで終わるのが普通です。カウンセリングや抜糸で2〜3回クリニックを訪れる人もいますが、カウンセリングと手術を同日にやったり抜糸は必要なかったりすることも多く、1日だけの通院で完全に終了することも珍しくありません。

包茎手術によるダウンタイムはどれくらいか

包茎手術のダウンタイムは、ダウンタイムをどのように定義するかにもよりますが、傷痕が完治して性行為なども問題なくできるまで回復することだと定義すれば、だいたい3週間程度と考えていいでしょう。口コミでも、3週間くらいで傷が完治したという報告が多いです。

口コミでは、3週間経つ前に性行為をしてしまったという話もけっこうありますが、なるべく傷が完治するまで性行為は控えた方がいいです。雑菌が傷口に入り込んで感染症などを発症する可能性も否定できません。包茎手術を受けた後、仕事や学業にはどれくらいで復帰できるのかを気にしている方も多いのではないでしょうか。

実は包茎手術の場合は、仕事や学業に関して何らかの制限はありません。極端な話、手術を受けた日に仕事をするのも学校に行くのも問題ありません。ただし、手術直後の数日はかなり患部が痛むので、なるべく仕事や学校は休み、家でゆっくり静養しているのがベストです。

まとめ

包茎手術は1日で終わる簡単な手術です。具体的な手術時間は1〜2時間くらいで、入院なども必要なく日帰りでOKです。手術の他にカウンセリングも行われますが、もう手術をすると決めている場合は、カウンセリングの段階ははすぐに終わり、即座に手術が開始されるということも珍しくありません。包茎手術によるダウンタイムは、完治するまでということを考えれば、だいたい3週間くらいということになります。ただ、職場復帰などは手術の翌日でも問題ありません。